2004年1月29日                                  ISSN 0915-9177

                               YAMAMOTO CIRCULAR                  2416

発行:〒656-0011兵庫県洲本市炬口1-3-19  東亜天文学会速報部

郵便振替口座:00980-8-189107   加入者名:東亜天文学会速報部   購読料1部130円

Published by the Department of Yamamoto Circular, Oriental Astronomical Association

P. O. Box No.32, Sumoto, Hyogo-Ken, 656-8691 JAPAN

e-Mail address: (Subscription)  URL: http://www.oaa.gr.jp/~oaacs/yc.htm

編集:中野 主一   0799-22-3747  Fax: 23-1104   e-Mail address:

Editor: Syuichi Nakano, 3-19, Takenokuchi 1 Chome, Sumoto, Hyogo-Ken, 656-0011 JAPAN

 

しぶんぎ座流星群  Quadrantids in 2004

  神戸の豆田勝彦氏(Katsuhiko Mameta)は,2004年1月3/4日,4/5日にこの流星群を観測した.しかし,観測時間中には,その出現は多くなかった.OAA計算課の予報では,今年のこの流星群の極大は,1月4日21JST頃にあって,豆田氏は4日の夕方にも,この群の出現に注意した.観測条件も悪かったが,目だった出現はなかったもよう.氏の観測は,1月3/4日,27:1027:50 JST,全流星6個,しぶんぎ群4個,最微光星4.8等,以下同順に29:0030:0027個,17個,5.4等,4/518:3019:00,3個,0個,4.2等,19:0020:00,7個,0個,4.3等.

 

 

超新星  2004B in IC390

 山形市の板垣公一氏(Koichi Itagaki)は,世界で今年2番目の発見となる超新星 2004Bを1月12日22時すぎJSTに発見した.この超新星は,17等級で,氏の山形にある観測所で,60-cm f/5.7 反射望遠鏡+CCDカメラを使用して,エリダヌス座にある系外銀河 IC 390を撮影したサーベイ・フレーム上に発見された.超新星は,銀河核から東に12",北に15"の位置に出現している.この超新星は,同氏が保有する2003年10月27日の捜索フレーム上には,その姿が見られなかった.その際の極限等級は18等級であった.この超新星出現の確認は,北・東日本を襲った寒波のために,中々,行なえなかったが,板垣氏から連絡を受けた八ヶ岳の串田麗樹さん(Reiki Kushida)が,発見2日後の14日夜に,おりからの悪天候の中で,この超新星の出現の確認に成功した.板垣氏の超新星発見は,これで8個目となる(OAA計算課新天体発見情報64,IAUC 8268).

 

 

NEAT・LONEOS新周期彗星  P/2003 SQ215 (NEATLONEOS)

  パロマ−NEATサ−ベイで2003年9月24日,LONEOSサ−ベイで9月27日に みずがめ座を撮影したCCDフレ−ム上の次の位置に18等級の小惑星状天体の発見が報告された.この天体の発見前の観測が9月18日のパロマ−NEATサ−ベイの1夜の観測群の中に見つかり,小惑星 2003 SQ215として登録された.その後,この小惑星は,200311月と12月に観測された.2004年1月19日になって,フィッツシモンズ(A. Fitzsimmons)らが,ESO3.6-m反射でこの小惑星の観測を行なったところ,この天体には,非対称の1".7秒のコマが東南に広がっていることが認められ,小惑星は彗星であることが判明した.なお,彼らは,このときのCCD全光度を20.3等と報告している(IAUC 8274).

 

           2003 UT             α     (2000)     δ          Mag.   Observer

                             h   m   s             ,   "

           Sept.24.18377   21  42  42.67    - 5  13  24.2    18.9   NEAT

                27.16490   21  41  46.21    - 5  22  30.6    18.7   LONEOS

 

  OAA計算課では,2003年9月18日から2004年1月19日までに行なわれた43個の観測から次の軌道を決定した.平均残差は0".65.彗星は,周期が13年ほどの新周期彗星であった.

 

   = 2004 Mar. 24.2292 TT    Epoch = 2004 Mar. 16.0 TT

          

   ω = 137.3029                    =   0.581259

   Ω = 257.6406    (2000.0)       =   5.502740 AU

   =   5.5459                   n゚=   0.0763547

   =   2.304226 AU              =  12.9

 

 

変光星  DO Draconis

  AAVSOのプライス(A. Price)は,20001115日以来となるこの変光星の増光が2004年1月23日に観測されたことを報告している.光度は,1月23.23 UT14.5等,23.73日に11.4等,23.76日に11.0等,23.81日に11.5等と観測されている.なお,2000年の増光時は,10.1等まで明るくなり,4日ほどで通常の光度に戻ったという(IAUC 8274).

 

   2                              YAMAMOTO CIRCULAR                             No.2416

 

LINEAR新彗星  C/2003 WT42 (LINEAR)

 LINEARサ−ベイから20031119日にペルセウス座とおうし座の境界ふきんを撮影したフレ−ム上の次の位置に発見された18等級の小惑星が報告された.この小惑星は,同サ−ベイの1030日の1夜の観測群の中に発見前の観測が見つかり,小惑星 2003 WT42として登録された.

 

              2003 UT             α     (2000)     δ          Mag.

              Nov. 19.26014   04h 04m 45s.90   +31 43' 23".0   17.5

 

  昨年1124日の観測が報告された時点で計算された軌道は,ω= 91.94,Ω= 48.34,i= 31.22,q= 5.2428AU,e= 0.9882で,この小惑星は,軌道長半径はa= 446AUという大きな軌道を動いていた.1125日にこの小惑星を観測したASOのシェロ−ド(P. C. Sherrod)から,この小惑星には,8"ほどのコマが見られ, CCD全光度が17.5等との報告があった(OAA/CS EMES 2003/11/29,天界1月号55ページ).

  しかし,このとき,すでに守山の井狩康一氏(Y. Ikari)が1123日に観測していたが,そのような報告はなかった.12月1日の久万の中村彰正氏(A. Nakamura)による確認でも,天体は小惑星状とのことであった.しかし,1229日にキットピ−クの4-m望遠鏡で行なわれた観測では,小惑星は,約2"のコマがあって周辺の恒星よりはにじんでいること,さらに,1月14日の3.56-m望遠鏡と2.5-m望遠鏡による観測でも,小惑星には6"10"ほどのコマがあることが認められ,天体は彗星であることが判明した(IAUC 8270).なお,核光度は,井狩氏が18.0等,中村氏は,12月1日と28日に18.0等,1月15日に17.8等と報告している.

  OAA計算課では,20031030日から2004年1月23日までに行なわれた158個の観測から次の軌道を決定した.平均残差は0".46.軌道改良に使用された最終観測は,井狩氏によるもので,氏のCCD全光度は18.7等であった.

 

             Epoch = 2006 Apr. 15.0 TT 

   = 2006 Apr. 11.0972 TT    ω =  92.4560               (1/a)org.= +0.000199

   =   1.001716              Ω =  48.4558    (2000.0)   (1/a)fut.= +0.000354

   =   5.192919 AU           =  31.4137                          ( Q = 5 )

                                                                   

2004/        α  (2000) δ                  Elong. Phase    m1

  0h TT     h  m         ,        AU      AU                 

Jan. 26   03 42.10  +31 48.9    7.349   7.812   114.7    6.6   17.5

Feb.  5   03 41.84  +31 49.8    7.452   7.761   104.7    7.1   17.5

     15   03 42.61  +31 53.0    7.562   7.711    95.0    7.3   17.5

     25   03 44.40  +31 59.0    7.675   7.661    85.5    7.4   17.6

Mar.  6   03 47.15  +32 07.8    7.785   7.611    76.3    7.3   17.6

     16   03 50.80  +32 19.5    7.889   7.562    67.4    7.0   17.6

     26   03 55.27  +32 34.0    7.982   7.512    58.7    6.5   17.6

Apr.  5   04 00.48  +32 51.1    8.063   7.463    50.2    5.9   17.6

                    m1 =  6.5 + 5 log +  7.5 log

 

 

超新星 2004G in NGC 5668

 八ヶ岳南麓天文台の串田麗樹さん(Reiki Kushida)は,1月20日早朝05時半すぎJST,40-cm f/10 シュミット・カセグレン望遠鏡+CCDカメラを使用して,おとめ座にある系外銀河 NGC 5668を撮影したサーベイ・フレーム上に17.2等の超新星を発見した.この超新星の姿は,1997年以後に八ケ岳で行なわれた多数のサーベイ・フレーム上には,認められなかった.女史の最終サーベイは,2003年4月8日であった.同天文台の串田嘉男氏(Yoshio Kushida)によると,超新星は,銀河核から西に43",南に12".5の位置に出現している.この超新星の確認は,串田さんと山形の板垣公一氏(Koichi Itagaki)によって21日早朝に行なわれ,新しい星の存在と超新星の光度を17.7等と観測した.なお,板垣氏の調査では,この超新星は,氏の2001年5月の捜索フレームにも写っていなかった.しかし,今年1月12日に行なわれた氏のサーベイ・フレーム上には,すでに16.8等の明るさで写っていたという.このため,この超新星は,次第に減光しているものと思われる.なお,この銀河には,過去に2個の超新星,1952Gと1954Bが出現している(OAA計算課新天体発見情報65,IAUC 8272).その後のスペクトル確認によると,この超新星は,超新星爆発後,約5ヶ月をすぎたU型の超新星という(IAUC 8273).串田さんの超新星の発見は,2003年1月12日に発見した 2003J以来のこと.女史は,これで13個目の超新星を発見したことになる.この超新星の発見数は,富山の青木昌勝氏(M. Aoki)の発見数を抜いて,我が国内では最高数となった.