2007年11月1日                                 ISSN 0915-9177

   Since 1920                   YAMAMOTO CIRCULAR                    2571  

発行:〒656-0011兵庫県洲本市炬口1-3-19  東亜天文学会速報部

郵便振替口座:00980-8-189107   加入者名:東亜天文学会速報部   購読料1部130円

Published by the Department of Yamamoto Circular, Oriental Astronomical Association

Collaborating with the Computing and Minor Planet Sections

P. O. Box No.32, Sumoto, Hyogo-Ken, 656-8691 JAPAN

e-Mail address: (Subscription)  URL: http://www.oaa.gr.jp/~oaacs/yc.htm

編集:中野 主一   0799-22-3747  Fax: 23-1104   e-Mail address:

Editor: Syuichi Nakano, 3-19, Takenokuchi 1 Chome, Sumoto, Hyogo-Ken, 656-0011 JAPAN

 

オリオン座流星群  Orionids in 2007

    神戸の豆田勝彦氏(Katsuhiko Mameta, Kobe)は,同市北区八多町で10月19/20日,20/21日,21/22日,23/24日,六甲山で27/28日にこの流星群を観測した.氏の報告によると,昨年の活動(cf. YC 2533)が,まだ,続いているらしく,10月21/22日の夜は,ZHRにして,70個〜80個の出現が見られたという.23/24日夜も,ZHR40個近い出現があった.さらに,10月27/28日になっても,同群の出現が続いていた.出現した流星は,2等〜3等級の流星が多かった.氏の観測は,10月19/20日,観測時間28:00〜29:00 JST,全流星14個,オリオン群8個,最微光星5.5等,以下,同順で,20/21日,27:00〜28:00,27個,17個,5.7等,28:00〜29:00,31個,22個,5.7等,21/22日,27:00〜28:00,28個,22個,5.5等,28:00〜29:00,33個,26個,5.5等,23/24日,27:40〜28:00,13個,9個,5.8等,28:00〜29:00,33個,19個,5.8等,27/28日,28:00〜29:00,8個,6個,4.3等であった.

    SETI研究所のジェニスケンス(P. Jenniskens)によると,同流星群は,2007年10月4日から23日にかけて,IMO(International Meteor Organization)によって追跡され,通常の出現より,80%ほど活発であったという.その極大は,10月22日11時UTに見られ,ZHRは45個であったと推測されるという(CBET 1108).

 

 

シューメーカ・レビー第1周期彗星  P/Shoemaker-Levy 1 (1990 V1 = 2007 T3)

    2007年12月回帰予定のこの彗星がサイデング・スプリングのマックノート(R. H. McNaught, Siding Spring)によって,50-cmウプサラ・シュミットで2007年10月12日に撮影した捜索フレーム上に検出され,同氏は,翌13日にこれを確認した.検出時,彗星には10"のコマが見られたが,尾はなかった(IAUC 8879).予報軌道(NK 1060(= HICQ 2007))からの検出位置のずれは,赤経方向に -2o.45,赤緯方向に +0o.93あり,近日点通過時刻の補正値にして儺= +6.40日と大きかった.これは,彗星の周期が16年と長かったことと観測の期間が3ヶ月足らずと短かったことによるのだろう.

    OAA計算課では,1990年から2007年までに行なわれた47個の観測から次の連結軌道を計算した.平均残差は0".86(http://www.oaa.gr.jp/~oaacs/nk/nk1539.htm).

 

   T = 2007 Dec. 17.33873 TT    Epoch = 2007 Dec. 6.0 TT

   ω = 312o.84457                  e =   0.7735882

   Ω =  51.65014    (2000.0)       a =   6.4487668 AU

   i =  24.56127                   n゚=   0.060185110

   q =   1.4600771 AU              P =  16.38 年

 

 

 

ギッブス新周期彗星  P/2007 T4 (Gibbs)

    ギッブス(A. R. Gibbs)は,2007年10月12日にカテリナの68-cmシュミットでこじし座を撮影したCCDフレーム上の次の位置に18等級の彗星を発見した.発見当時,彗星には8"ほどのコマと西北西に先細い25"の尾が見られた.10月14日に発見者がレモン山の1.5-m反射で行なった確認観測では,彗星には,約10"のコマと西北西に約25"の尾が観測された.カリフォルニアのヤング(J. Y. Young)による15日の観測では,彗星には,円形の拡散した6"のコマに恒星状の核があって,西北西に30"の尾が見られた(IAUC 8880).

 

              2007 UT             α     (2000)     δ             Mag.

              Oct. 12.46227   09h 57m 24s.47   +34゚ 12' 33".6      18.4

 

    OAA計算課では,2007年10月12日から23日に行なわれた42個の観測から次の軌道を決定した.我が国での観測は,まだ報告されていない.彗星は,周期が11年ほどの新周期彗星であったが,周期は,まだ不確かである.

 

- continued -

 

 

    2                              YAMAMOTO CIRCULAR                             No.2571

 

 

   T = 2007 July 19.460 TT

   ω =  42o.006                  e =   0.60694

   Ω =  37.038    (2000.0)       a =   5.08745 AU

   i =  23.864                   n゚=   0.0858923

   q =   1.99967 AU              P =  11.47 年

 

 

ギッブス新彗星  C/2007 T5 (Gibbs)

    同じく,ギッブス(A. R. Gibbs)は,2007年10月13日にカテリナの68-cmシュミットでかに座を撮影した捜索フレーム上の次の位置に18等級の彗星を発見した.発見当時,彗星には拡散した15"のコマがあって,その内部6"が明るかったが,尾は見られなかった.レモン山で発見者が行なった10月14日の観測では,彗星には強く集光した30"のコマが見られた.さらに15日の観測では,集光した12"のコマから25"まで広がったコマが見られたが,条件が悪いこともあって尾は見られなかった.ヤングによる同日の観測では円形のコマがあってその視直径は26"であった(IAUC 8880).

 

              2007 UT             α     (2000)     δ             Mag.

              Oct. 13.45523   08h 16m 28s.09   +19゚ 11' 10".5      18.2

 

    OAA計算課では,2007年10月13日から26日までに行なわれた38個の観測から,次の軌道を決定した.我が国での観測は,まだ報告されていない.

                                      

   T = 2008 Apr. 29.641 TT    ω =  30.034

                               Ω = 110.053    (2000.0)

   q =   4.18923 AU           i =  45.261

 

 

カテリナ新周期彗星  P/2007 T6 (Catalina)

    カテリナ・スカイサーベイの68-cmシュミットで2007年10月13日にかに座を撮影した捜索フレーム上の次の位置に発見された17等級の小惑星状天体が報告された.10月14日に61-cm反射でこの天体を観測したカリフォルニアのヤング(J. W. Young, Table Mountain)によると,天体には8"x12"の楕円形のコマと西北に20"の淡い尾が見られた.コマは,尾の方向とは垂直に伸びているのが認められ,この天体は,彗星であることが判明した.ヤングの15日の観測では,前日と同様に伸びたコマが観測されたが,尾は認められなかった(IAUC 8880).

 

              2007 UT             α     (2000)     δ             Mag.

              Oct. 13.47047   08h 22m 02s.66   +17゚ 42' 00".0      17.8

 

    OAA計算課では,2007年10月13日から26日までに行なわれた57個の観測から次の軌道を決定した.上尾の門田健一氏(K. Kadota, Ageo)は,10月20日のCCD全光度を17.3等と観測している.彗星は,周期が10年ほどの新周期彗星であったが,周期は,まだ不確かである.

 

   T = 2007 Aug. 20.100 TT

   ω = 335o.987                  e =   0.51941

   Ω = 102.711    (2000.0)       a =   4.65630 AU

   i =  22.129                   n゚=   0.0980941

   q =   2.23778 AU              P =  10.0 年

 

 

アンドロメダ大星雲の新星 Nova 2007-10a in M31

    山形の板垣公一氏(Koichi Itagaki, Yamagata)は,2007年10月5日23時半過ぎJSTに60-cm f/5.7反射望遠鏡+CCDでアンドロメダ銀河の一区画を撮影した捜索フレーム上に,16.0等の新星を発見した.板垣氏によると,この新星は,10月2日の捜索時には,まだ,20等級以下で出現していなかった.その夜に確認依頼を受けた上尾の門田健一氏(K. Kadota, Ageo)は,同夜27時前にこの新星を確認した.そのとき,新星の光度は16.4等であった.なお,福岡県久留米市の西山浩一氏(Koichi Nishiyama, Kurume)と佐賀県みやき町の椛島冨士夫氏(Fujio Kabashima, Miyaki)から,板垣氏の発見3時間後,同夜26時半頃に40-cm f/9.8反射望遠鏡+CCDカメラでM31を撮影した捜索フレーム上にこの新星を発見したという独立発見の報告が届いた.このとき,新星の光度は16.6等であった.彼らが10月2日に捜索したときは,19.4等級より明るい星は,出現していなかったという.門田氏から報告された新星の出現位置は,赤経α= 00h42m55s.93,赤緯δ= +41o03'21".9.板垣氏は,2002年10月にアンドロメダ大星雲の伴星雲 M110に15等の新星,2005年9月には急激に増光する同大星雲の16等の新星,10月1日には,さんかく座の系外銀河M33に16等の新星などを含め,氏が系外銀河に発見した新星は,これで13個目となった(http://cfa-www.harvard.edu/iau /CBAT_M31.html).

                                                                                         

2007 November 1                Copyright 2007 OAA                 Syuichi Nakano

 

 

Internet Explorer上にあるMicroSoft Wardのアイコンをクリックして,表示→印刷レイアウトを指定すると,ほぼ,オリジナルの山本速報が見れます.その際は,2ページ目の上にあるブランク行(3行)とこの説明を省くと,2ページに収まります.印刷の際は,B4用紙に2ページを指定すると,ほぼ,オリジナルと同じになります.